危なげな海外業者には注意

海外投資をしようとする人のサイトを見ると、バイナリ―オプションも結構人気です。日本でFX取引をすると税金の心配をしなければいけないのに対し、海外であればその心配はいらないというのが理由です。確かに税金の捕捉はされませんが、詐欺にあっても誰も補償してくれません。現実に海外の業者と取引をしてしまい被害にあう人がいます。バイナリーオプションは手軽な投資手段ですが、怪しげな取引業者には近づかないことが賢明です。

これからバイナリ―オプションを始めようとする人は、まずネットで情報を探すことが多いはずです。その際、海外の業者を推薦するサイトが多いことに気が付くはずです。SEO対策をしており、検索をすると上位にヒットすることから、ついついサイトに誘導されます。これらの業者の会社概要を見ると、聞いたこともない国や南国の観光地にあるような国を本拠地としている会社が多いです。俗にいうタックスヘイブンの国なのですが、公安の取り締まりも弱いこともあり、このような怪しげな業者が多いのです。

このような業者に共通している手段は、申込の際には身分確認をせずに出金の際に身分確認をするというものです。彼らの言い分は、申込の際の手続きを簡素化するというものですが、出金の際の身分確認を必要以上に厳しくしたり、時間を引き延ばしたりして事実上出金させないようにしているトラブルが多く発生しています。最後は英語での交渉でないと受け付けないというようなことを言い出し、面倒になって交渉をやめることを狙っているのです。

取引自体は単純で悪くないバイナリ―オプションですが、取引の内容がギャンブルのように見えてしまうことから、少しでも割のいい業者で取引をしたいと考えてしまいがちになります。日本のFX業者も最近はバイナリ―オプションを始めています。金融商品取引業者の登録がしていない海外の業者は、違法であり危険だということは覚えておくべきでしょう。

手軽なFX取引バイナリーは稼げるのか